ユニットバス壁面さび修理

ユニットバス壁面修理

ユニットバス壁面がさびる原因

ユニットバスルームの構造は床面の防水パンと呼ばれる部分と壁面パネル・天井パネルの3種類の構造から出来ております、防水パンには2種類のタイプがあり浴槽一体型の防水ハーフユニットと防水パンのみで設置型浴槽を後から設置をするユニットに分かれておりますが、壁面パネルの構造は何れの場合も同じ構造で出来ております、壁面には浴室専用シート覆われた鋼板と防音目的の石膏ボードで形成されています、壁面パネルは防水パンに設置されその接合部をシリコンコーキングで覆われ水分が内部に入り込まないよう作られておりますが、経年劣化でシリコンコーキング材にわずかな隙間が発生するとその部分より内部に水分が侵入して壁面パネルの基材である鋼板をさびさせる事となります。

ユニットバス壁面修理料金

巾木工法

巾木仕上の利点はユニットバス壁面全てにさびが出ている場合などで塗装修理費用に比べ修理費用を抑える事が出来る点と工期時間が短く3時間程度で修理が完了する事です。

壁面巾木仕上げ

ユニットバスルームの大きさ 1216と呼ばれる0.75坪タイプ

税抜価格

巾木高さ65ミリ  壁面のさびの高さが5㎝程度まで対応可能

45,000円

巾木高さ100ミリ 壁面のさびの高さが9㎝程度まで対応可能

49,000円

巾木高さ150ミリ 壁面のさびの高さが14㎝程度まで対応可能

53,000円

壁面塗装仕上げ

塗装仕上げ工法は壁面のさびが限定されているなど、比較的小範囲で違和感を抑える事が出来ます、又、壁面のさびに対して還元処理を行いますので、さびの進行が止める事が可能となります

壁面塗装仕上げ

さび修理の範囲

税抜価格

ユニットバス壁面さび塗装修理基本料金30cmまで

38,000円

壁面塗装追加料金10cmごと

2,900円

専用樹脂シート仕上げ

壁面のさび部分を修理した後に、壁面全体を浴室専用シートで覆う事でユニットバス交換と同じような効果が得られるリフォーム要素が高い修理方法となります、壁面専用シートには単色シート・柄シートがあり壁面の一部を柄シートの木目調で仕上げ残り3面を単色シート又は柄物シートの雲母調シートで覆うなど、お客様の希望に合った仕上げが可能となります。

壁面シート仕上げ

1216サイズのユニットバス壁面柄シート仕上げ(4面全て柄シート仕上げ98,500円)

シート仕上げ下地調整基本料金(さび処理)

13,000円/基本料金60㎝まで

シート仕上げ下地調整追加料金(さび処理) 120円/追加料金1㎝単位
1216ユニットバス壁面無地シート仕上げ 54,000円
1616ユニットバス壁面無地シート仕上げ 72,000円
1216ユニットバス壁面柄シート仕上げ 98,500円
1616ユニットバス壁面柄シート仕上げ 137,800円
ユニットバス壁面短辺無地シート仕上げ120サイズ 13,000円
ユニットバス壁面長辺無地シート仕上げ160サイズ 19,800円
ユニットバス壁面短辺柄シート仕上げ120サイズ 22,800円
ユニットバス壁面長辺柄シート仕上げ160サイズ 38,000円

 

ユニットバス壁面修理記事一覧

ユニットバス壁面さびが僅かに出た賃貸物件修理依頼です防水パンと壁面の接合部分に僅かにさびによる膨らみが出た部分の修理となります市町村東京都立川市修理範囲壁面さび45㎝修理料金(諸経費含む)38,280円税込

トップへ戻る