破損ひび割れを起こす原因

破損ひび割れを起こす原因は、人的要素による破損となりますので賃貸物件の場合借主側が全額負担で修理又は浴槽交換をする必要があります、又持ち家の方でも火災保険で対応が可能な場合もありますので、保険会社又は不動産管理会社に連絡を入れ現状を連絡をした上で修理依頼をする事を強くお勧めします。
破損ひび割れ
アクリル樹脂製浴槽のひび割れを適正修理をしていなかった為浴槽底面が大きく割れ扇状に割れて穴が開いた浴槽で有っても弊社では修理が可能です。
保険を利用されて修理をした浴槽で、修理後約半年で大きく破損をした為、再度保険対応で修理が可能とお客様は考え損害保険会社に連絡をした所、半年前に修理をされた経緯がある為同一浴槽での保険適用は難しく、適用外となると連絡を受け該当業者様と連絡をしたのですが連絡が取れず、弊社に相談をされた案件となります、弊社が修理にお伺いをした際に扇状に割れた部分以外にも段差が有った為、他業者様の修理箇所のライニング除去する為剥離作業を行った所、ライニング自身が浴槽と密着をしておらず、簡単にスクレーバーで取れてしまった為、お客様にお話を聞いた所、修理当初はお湯も漏れず何の支障もなく使用できたそうですが、3か月を過ぎた頃よりお湯が勝手に抜ける事や、修理箇所に段差が発生して徐々に段差が大きくなったので不安に思い、何回か修理業者様に連絡を入れたそうですが連絡が取れず困っていたお話をされておりました。

破損ひび割れ部分修理料金

FRP浴槽破損ひび割れ部分修理料金

FRP浴槽破損修理 税抜価格
FRP浴槽破損ひび割れ修理基本料金料金 5㎝まで 46,000円
破損ひび割れ浴槽修理追加料金 1㎝ごと 900円
浴槽に複数破損がある場合の料金となります。
2か所目以降浴槽破損ひび割れ修理料金 5㎝まで 27,600円
破損ひび割れ浴槽修理追加料金 1㎝ごと 540円

アクリル浴槽破損ひび割れ修理料金

アクリル浴槽部分修理 税抜価格
アクリル浴槽破損ひび割れ修理基本料金料金 5㎝まで 54,000円
破損浴槽修理追加料金 1㎝ごと 1,000円
浴槽に複数破損がある場合の料金となります。
2か所目以降アクリル浴槽破損ひび割れ修理料金 5㎝まで 32,400円
破損ひび割れ浴槽修理追加料金 1㎝ごと 600円

破損ひび割れ修理全体塗装仕上げ

FRP浴槽破損ひび割れ修理・全体塗装仕上げ

FRP浴槽シングルカラーコート仕上げ  税抜価格
※破損ひび割れ長さは対角線上の長さで測ります。

浴槽サイズ 横幅120㎝ 奥行65㎝まで 104,000円
浴槽サイズ 横幅120㎝ 奥行75㎝まで 112,000円
浴槽サイズ 横幅150㎝ 奥行65㎝まで 119,000円
浴槽サイズ 横幅150㎝ 奥行75㎝まで 128,500円
浴槽サイズ 横幅180㎝ 奥行65㎝まで 137,000円
浴槽サイズ 横幅180㎝ 奥行75㎝まで 148,000円
破損ひび割れが5cmを超えた場合1cmごとに追加料金 630円

アクリル浴槽破損ひび割れ修理全体塗装仕上げ

アクリル浴槽シングルカラーコート仕上げ  税抜価格
※破損ひび割れ長さは対角線上の長さで測ります。

浴槽サイズ 横幅120㎝ 奥行65㎝まで 105,000円
浴槽サイズ 横幅120㎝ 奥行75㎝まで 113,400円
浴槽サイズ 横幅150㎝ 奥行65㎝まで 121,000円
浴槽サイズ 横幅150㎝ 奥行75㎝まで 130,680円
浴槽サイズ 横幅180㎝ 奥行65㎝まで 139,000円
浴槽サイズ 横幅180㎝ 奥行75㎝まで 150,000円
破損ひび割れが5cmを超えた場合1cmごとに追加料金 1,400円

破損ひび割れ浴槽修理記事一覧

ビジネスホテル様浴槽修理です、ビジネスホテル様の場合作業時間がチェックアウト~チェックインまでの間で終了をするように要望がある為、修理には時間との闘いともいえる状態で修理を勧めます、各工程でパネルヒーターを使用して強制乾燥や強制硬化をさせて、時間を短縮して作業をいたしますが、本来ならFRP硬化は熱反応をして硬化をする為自然硬化が好ましいのですが、硬化時間が平均で30分以上かかり完全硬化には24時間...

このひび割れは破損ひび割れ修理となります、入浴中に滑った拍子に踵が壁面に強く当たりひび割れを起こした状態です、この場合入居者様側の負担となり保険対応での修理となります。市町村埼玉県鶴ヶ島市修理範囲破損ひび割れ 10㎝税込修理料金(諸経費含む)60,500円

浴槽内で転倒をした際に壁面に足が当たり大きく破損をした状態です、浴槽内の転倒事故は家庭内での転倒事故の中でも比較的上位にあります市町村新潟県上越市修理範囲破損ひび割れ 30㎝税込修理金額(諸経費含む)89,100円

この浴槽は一度他業者様が修理をした浴槽ですが、色々な経緯があり弊社が再修理を行う事となりました浴槽底面全体にひび割れが入り、ひび割れが交差した部分が大きく欠落を起こした状態の浴槽です、浴槽底面ひび割れ箇所に補強板を入れひび割れの拡大を防ぐと同時に浴槽底面と基礎コンクリートの間にスペンサーを入れ荷重の分散を行っております、特に大きく欠落をした部分の割れたパーツが残っていた為、新しくライニングで作成を...

三点ユニットバス底面破損ひび割れ修理です、画像を見ると破損した部分の下がべニア合板で作られている事がお分かりにあるかと思います、三点ユニットバス浴槽で比較的多くみられるタイプの浴槽となります、この浴槽は浴槽自身の樹脂層は約2ミリ程度で形成されており底面や壁面などの下地に合板を用いて強度を上げている製品となります、使用年数が15年を過ぎた頃より底面にひび割れが入り始め、そのひび割れ部分より内部に水が...

トップへ戻る